婦人

より多く収入を得たいなら海外不動産に注目

海外という選択肢

間取り

海外のメリット

不動産投資とは土地や建物などの不動産に資金を投じて運用したり、売却によって利益を得るというものです。不動産は普遍的な価値があるため安全性の高い投資といえますが、日本の不動産市場は飽和状態にあり、また投資に必要な資金も大きいものです。このため資金を抑えて成長性が見込める不動産投資として海外不動産があります。海外不動産のメリットとしては、国によって変わってきますが、発展途上にある国で物価が安く、日本の不動産よりも安価に購入することが可能です。また積極的に外国人の投資を受け入れている地域では専門のブローカーも多くあり、日本語でのサポートも受けられるといったことがあります。もちろん発展途上の国であれば将来における不動産価格の上昇によっても利益を得ることが可能です。

地域による違い

海外不動産といっても地域によって大きく変わってきます。海外不動産の選択肢としては、ひとつは先進国か発展途上国かの違いです。先進国でもアメリカのハワイなどはリゾート地として海外からの投資を呼び込んでおり、コンドミニアムなどが投資対象となっています。先進国への海外不動産投資のメリットは法整備がなされていること、市場が成熟しているので安全性に優れるといったことがありますが、その分、やや収益性は悪くなります。一方で発展途上国では新都市を建設するために投資を呼び込んでいます。一般的に価格が低く1000万円程度で高級マンションの一室を購入することが可能です。また将来の発展性が見込めることも大きな魅力です。これらの地域としては、フィリピンやシンガポール対岸のマレーシアなどが知られます。

管理業務の負担を軽くする

集合住宅

マンション管理の業者は、収益物件の管理業務を代行します。収益物件の所有者は自分の時間を確保できるため、業者の人気が上がっているのです。ただし、業者が報告する情報は参考にすべきです。情報を活かすことに成功すれば、収益源はより安定したものになります。

Read More

不動産投資の手間を省く

男性

不動産投資のためにマンションを購入するなら、マンション管理会社に諸々の業務を委託して手間を省きましょう。特に副業のためにマンションを購入するオーナーさんにマンション管理会社のサービスは人気があります。同じマンション管理会社でも費用やサービスの質には差がありますから、実績が十分ある会社を選びましょう。

Read More